スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
すぐそばに
ひみつにしたい場所を発見!
(主人の実家のすぐそば)




わたしと
むすこと
めいちゃんと
いつまでも
いつまでも
いつまでも
帰れないのでした














「ちゃんづけ」に凝っているムスメ。
強面の祖父のことも「じいじちゃん」と呼ぶので、
メロメロにさせてます。

ここは「ぱぱちゃん」が育った海だよ
なにがみえる?
















おでかけ - -
ひいばあちゃん家

 せっせせっせと

  

  
 
はなたばできた

 水田みたいなところでしか
 育たないのかと思っていたよ


 ちっちゃなピンクがいっぱい


         
ひいばあちゃんは
おはなのせんせい

めずらしいおはなにめがくぎづけ



のぞきたいけど
のぞけない
いどのなか 


おでかけ - -
あいのてさんコンサート
先日、助産院で知り合った友人の紹介で行ってきました。

「あいのてさんコンサート」
以前、NHKの教育番組で活躍されていた方々ということ。
知らなかった〜、全然、あいのてさん、ごめんなさい。

でも、とっても楽しかった〜。

ストローやレジ袋、ペットボトルや体……身近なものを使って、楽しい楽しい「おと」が「ぽんぽこ、ぽんぽこ、ぶっぶっぶ〜」生まれてくる。

高価な楽器に目がいって、ついつい欲しくなってしまうけれど、もっと気楽に楽しむことから始めてみる……というスタンスが何だか我が家にピッタリで、車中でもお風呂でも食事の後でも合奏中です。

↓ あいのてさんのメンバーの方が作った本を買いました。
 長く楽しめそうです♪
『音楽ってどうやるの』
著者 野村誠 片岡祐介
 青空音楽社
おでかけ comments(6) -
映画を観ました
「1/4の奇跡~本当のことだから」の岩倉上映会に行ってきました。

山元加津子さんことかっこちゃんのお話です。

拝みたいくらい温かいありがたいお人です。
天使のような観音様のような。

双子のお姉さんで
優しくて
泣き虫で
右手の握力は7で
子ども時代はお友だちの怪我した指を舐めて注意されて
今もホームレスのおじちゃんやヤクザやさんも抱きしめて
わかりやすい言葉でお話をして
養護学校の先生で
上司に泣きながら信念を伝えて
誰かのためにならうんと頑張ることの出来る

うらやましいほどピュアなお人でした。


最近、自分に出来ることってなんだろうと、ぼんやり考えて、落ち込んだりもしていたのですが、いま、かっこちゃんの小さくてほんわかな手が背中を包んでくれているような、そんな気がしてなりません。

何をしたらいいのか、霧の中の散歩はまだ続くと思いますが、今夜はとりあえずかっこちゃんの『魔女・モナの物語』を読もうと思います。

おやすみなさいませ☆
おでかけ comments(5) -
近ブラ
どうにもこうにもテンションがあがらない日は。
近所をぶらぶらします。
 
オタマジャクシの大群を観察中。

ちびまるこちゃんだ!

このあとサイレンにびっくりして号泣することになる。

何となく元気になる私。

おまけ*
ベランダより。
葉っぱのために摘むべき花。
名残惜しいので、食卓に飾ることにする。
おでかけ comments(6) -
布屋のてづくり案内
CHECK&STRIPEさんの布屋のてづくり案内展 に行ってきました*

ソーイングにはまったきっかけがCSさんという方、多いと思います。
そして、私もその一人です。

最近は縫う時間もあまりないし、CSさんの布はステキだけど手が入りにくかったり、つい買いすぎて溜めてしまったりするので、買い控えしていました。

でも、こんなに近くに来る!

と、聞いたら居ても立ってもいられず、家族にワガママを言っていってきました。(「てづくる」の愛読者でもある主人に感謝感謝☆)

感想は

「行って良かった〜***」
オーナーさんが気さくで物腰が低くて丁寧でおしゃれで気負っていなくて、少女のように夢を追いかけていらっしゃる方でした。
スタッフの方の来ていたお洋服もCSさんの布で「その布をそんな風に!」と、目からウロコ。潔くシンプルでいて凛としていました。

ソーイング熱、高まりましたよ〜*
テンションあがってますよ〜**(笑)

←店内より。
名古屋先行発売のオリジナルフレンチフライス。

我が家のハギレザン(はぎれ山)もずいぶん立派になったので、ここで消費活動宣言をしたいと思います。


みなさ〜ん、がんばりま〜〜〜す♪
おでかけ comments(9) -
東京駅


ゴールデンウィークの話。
(えぇっ遅い!? うちのカレンダーは旧暦のようで……)

久しぶりに実家に帰り、4歳のいとことマジカルをたっぷりお披露目してました。


なぜか東京駅で愛を叫ぶ2人。



なぜか風船を背伸びして持つ2人。


のびのび遊ぶ子らを見ていると、幼稚園に通わせていていいのかなぁ、なんて。
基本的にどろんこ幼稚園なんだけど……。
それでも、束縛感はあるようで、帰宅後の「好き勝手に遊びたい欲求」が溢れて困り気味。5時に遊び足りないまま帰路につくオトコノコ。
それでも、体は限界なので、帰ったらご飯、お風呂でバタンキュー☆

おうち幼稚園なら、いつでも好きなことできるんだよね。
やっぱりいいなぁ……。

*お騒がせのお弁当は「おいしそう」と言ってくれるようになりました(ほっ)

おでかけ comments(10) -
ノリタケの森
増山たづ子さんの写真展へ。
徳山ダムのため沈んでしまう村を「父ちゃんがかえってきたらみせなあかん」
と、撮り続けられたたづ子さん。
ピッカリコニカでパシャリパシャリ* 
その枚数は7万コマともいわれています。

山深いため農林業の機械も背中にしょって。
リアカーに乗せられて揺られる子どもら。
新一年生が2人の入学式。
村中総出の葬列。
息づく日本の生活。

ダム建設のため焼かれる家屋。
満開の背後に忍び寄るショベルカー。

直球で迫ってくる笑顔と裏の悲しみに
心をぎゅうっとつかまれる。

*ノリタケの森ギャラリーにて*


こちらは同じ敷地内で絵付けにチャレンジしたオトコノコの作品。
何に見えますか?^^



今日のオンナノコ服。なんとママのおさがりちゃん*

おでかけ comments(6) -
<< | 2/2 |