スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
秋の酵素ジュース
夏の梅酵素ジュースに続き、秋の酵素ジュースにとりかかりました。
やっぱり中山式で。

iphoneで写真を撮り、加工したらなんだかダサーくなってしまいました(涙)
でも、私のパソ子が写真取り込みにビックリするくらいゆっくりなので、
当分はiphoneの写真かな〜。加工はやめます。向いてないので……


 材料
りんご(紅玉・ふじ)青りんご
かぼちゃ 20世紀なし、洋梨
種有りのぶどう(巨峰・甲州ぶどう・ロザリオ)
柿(2種)、いちじく、プルーン
あけび、すだち、みかん、レモン
パプリカ、どんぐり(クヌギ)
ニンジン、大根、赤ビート
さつまいも、里芋、レンコン
しょうが、ジャガイモ、えのき
ヤマブシタケ
穀類(小麦、小豆、玄米、金時、大豆、黒豆、たかきび)
生長点のセット(イタドリの根、オオバコの種)の合計38種、計10キロ

白砂糖 11キロ 

発酵助成剤「響魂」
手作り酵素のもと「海の精」

材料集めは5カ所。

穀類と生長点のセット、赤ビートは「響魂」「海の精」を購入した際、同時に注文。

中山先生は、酵素ジュース作りを正確に伝えるため、自信の酵素教室に参加した方か、参加者から直接教わった方のみに「響魂」「海の精」を販売しています。
私は酵素教室に参加した友人から教わったので、先生と面識はないのですが、一度は酵素教室に行ってみたいな〜。

今回はこんな風に作りました
・塩素の抜けている水を大量に用意(うちは備え付けの浄水器がないので、お風呂に水をためて一晩寝かせました)
・その水を30Lの樽に移し、30ccの酵素ジュース(ない人は「海の精」を入れる)を入れ、その中へ農薬や放射能の懸念のある材料のみを投入
・30分経ったらそれらを出して、水気をキッチンペーパーで拭き取りながら1キロずつにわける
・1キロの材料を樽に投入したら、1キロの白砂糖を入れ、材料に白砂糖をまんべんなくまぶす この繰り返しを10回
・最後に「響魂」を振り入れ、「響魂」が隠れるように白砂糖1キロでフタをして終了
・翌日から朝晩、底に溜まった砂糖をひっくり返すように混ぜる。ベタベタになった手はそのまま顔につけて酵素パックにしたり、浴槽で洗って酵素風呂にしたり
左上の写真は、一晩経った後の様子
・1週間経ち、シワシワになったところで、ザルで材料を漉す。右上の写真
・その二日後に網で二度目の漉す作業。夏の梅と違い、秋の酵素はつぶつぶまったりしているので、漉すのに時間がかかる。写真左下。
・すべて漉せたら「海の精」を入れてよく撹拌し、完成。
・1週間後からが飲み頃

ざっくりと説明するとこんな感じですが、より細かい部分がたくさんあるので(材料の切り方や、用具の揃え方など)これは参考として、本格的にやりたい人はちゃんと教わって下さいね〜

お味は、始め大根やきのこのニオイがうっすらとただよい、子どもたちはちょっと…という感じでしたが、日に日にまろやか飲みやすくなっています。出来上がったらすっぱくない分、梅より人気が出るかも。
酵素風呂は効果があったようで、母にも「夏より若くなった」と言われ、ルンルン♪
もう一度、秋の後半の収穫物で作り、それらを混ぜて冬に備えたいと思います
たべるもの comments(2) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








すごいね、食材あつめるのも一苦労だけど、酵素ものをてづくりできるのはいいことだよね。甘みははちみつや黒糖とかはだめなんだよね?
from. mau | 2012/11/01 21:35 |
mauちゃん
そうなのー。酵素は浪費しがちだから、特に子どもには、補ってあげられるといいよね。
甘みはおっしゃる通りで、ミネラル等が不純物になってしまい「異常発酵」しちゃうんだって。
白砂糖もね、酵素ジュースになる過程で「ブドウ糖」と「果糖」に分解されちゃうから、懸念されがちな体への負担はなし! 何より、酵素を抽出するには上白糖が最適! なんですってw
from. hareri | 2012/11/01 23:30 |
<< NEW | TOP | OLD>>