スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
激走2300キロ
朝5時30分
起きたら愛知手前でした。
そして、倉敷で一泊。
次の日には大分入りです。 

今年の夏は、初めて東京〜大分の帰省を車で行ってきました。 運転はすべて家長さんなので、本当に大変だったと思います。感謝*感謝*

帰りは姫路で一泊。

感想は 楽しかった!たいへんだったけど!






おいしいものも
あれこれいただいて*

車中でのたわいもない会話も楽しかった。
意外と家族でゆっくり話すことってないものです。


兼ねてから行ってみたかった大原美術館も
入り口だけは覗くことができました。

日本で最初の西洋・近代美術館
大原孫三郎が託した児島虎次郎が
選んだ絵画が並ぶさまをみてみたかったな〜。

倉敷の景観は
どことなく岐阜県の高山に近いようでもあり、
美観地区を流れる倉敷川は
城崎も彷彿させてくれました。


いつかゆっくり再訪出来ますように☆

大分では
ほとんど
近場で遊んでいて

ここは
川中不動さま

いつもながら
国東に住む仏さまたちは迫力満点!








1歳の娘にも感じるところはあったようです。

どこということも無く手を振っていたのも気になりました……。









来年も来られますように!!!

つれづれ comments(4) -
こんなにも ちがう まいにち
 お引っ越しは同じ市内

「はけ」と呼ばれる
 断層の上から下へ引っ越しました

そこは通称『坂下』と呼ばれるエリアで
憧れていました

自然がいっぱい

空気も人も野川ものんびり
流れています

今日はお兄ちゃんを探しに来たはずだけど
いつの間にか遊んでいます












ここの空気、母は大好き
子どもたちも、リラックスムードの毎日

つれづれ comments(2) -
終の住処
「私、ここで大きくなるって決めたの」

とは、言っていないと思いますが、最近よくしゃべります。

得意の言葉は「ばっちんこ!」(笑)
ふたを閉める時も「ばっちんこ」
引き出しを閉める時も「ばっちんこ」
お洋服を着るときも「ばっちんこ」
名札を胸につける時も「ばっちんこ」

なんでもかんでも「ばっちんこ」で、ほぼ用が足せちゃうスーパー1歳児ちゃんです。
ほかにも
娘「ばっちんこ いい?」(何やらやりたいことを小首をかしげつつ聞いてくる)
母「いいよ」(よくわからなくても、やったー!が聞きたくていいよと言ってしまう母)
娘「やったー!」(とっても可愛い♡)
というやりとりを毎日10回以上楽しんでいます。


さ、ばか親っぷりを確認したところで本題に入ります。

ようやく
引っ越しました〜

こちらで
ございま〜す













お家を決めるというのは、上を見ても下を見てもきりがないもので、
線の引き際が難しかった。
しかも、普段はどんな家を見てもマイホームを拝見するごとに
「いいな〜」「いいね〜」と、ポワンと憧れてはいたものの、
いざ自分の番となると、「一体自分たちは本当はどんな家に住みたいのか」
というのが雲を掴むような作業。
もう、あきらめ半分でここを内覧に来ました。

「ここに住むことを想像できるね」と、家長がひと言

そこからとんとん拍子で話は進み、リフォームをしてもらったり、自分たちでも手を加えたり。
夜も更けて来たので、詳しくはまた後日報告します。


ご紹介済みのステンドちゃんは、
無事にばっちんこ*



つれづれ comments(0) -
もうすぐお引っ越し
 
ステンドちゃん*
京都のウェリントンさんでお買い上げしました。(ネットで)
対応も梱包もとっても丁寧でにこにこのお買物ができました。

どうしちゃったかというと,お引っ越しすることにしたのです。
中古のマンション+リフォームで当分暮らそうかなぁという選択。
そこのドアの一枚にね、ステンドちゃんはめこんじゃいます。
くー、楽しみ^^

集合住宅はな〜って思っていたんですが,
コミュニティのある古いデザーナーズ低層メゾネットマンションで、
「いいねー*」
と、決めました。
デザーナーズなんて言っても、洗練されているわけでもなく、
団地にしてはかわいいなみたいな感じで。
なんと言っても、お値段もかわいくて^^

実家もあるし、このご時世なので、土地購入は踏み切れなかったのでした。


つれづれ comments(4) -
 

2012年のとびらが開きました
たくさんの年賀状を拝見して、
「辰年ってかっこいいぞ」

自分じゃなかなかイケてる龍がかけなくて敬遠していたのですが
12年後は頑張ってみようかな(それより,来年は巳年……これまたかけねー)

ことしも よろしくね♡




つれづれ comments(0) -
いつものくりかえし
 

ようちえんの
おやまのおまつり



ようちえんの行事は毎年同じで
その内容も同じ




今年は
長女の手をひいて
年少組のメイポールダンスに初参加

年少組のメイポールダンス
年中組の大玉転がし
年長組の弓矢

去年は長男が弓矢




未入園児のりんごひろいも毎年恒例

今年は次女がりんごひろい
去年は長女がりんごひろい

同じようだけど
毎年違っている

こういうのを「成長が見られる」っていうのかな


すてきな行事に感謝でいっぱい










10月は結婚記念日もあり
今年はおいしいケーキにお花をたっぷりいただきました。

いよいよ10年め
どんな年になるのかな
つれづれ comments(4) -
明日への一歩



























東北関東大震災の被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
被災状況が明らかになるにつれて、その惨さに心が痛むばかりです。

一人でも多くの命が助かりますように。
希望の光が増えていきますようお祈り申し上げます。

それから、たくさんの安否を気遣うメール、ありがとうございます。
おかげさまで我が家は、みな元気です。

地域的には震度5強ということでしたが、相当揺れましたし、余震も続いています。
それでも、けが人はなく、被害といえばカップが少々割れた程度でした。

この辺でさえ、恐怖心がつきまとっているのに、揺れの激しかった地域の方々は、どんなにか不安な日々を過ごしていることかと胸が締め付けられます。

計画停電や生活必需品の買い占め、交通機関の乱れやガソリンスタンドの休業等々ありますが

「吾、只、足るを知るのみ」

今、あるもの、できることを冷静に選択して、じっくりと行動に移したいと思います。

友人から、ステキなポスターを教えていただきました。
以下、ご紹介しておきます。


つれづれ comments(2) -
カンチュウオミマイモウシアゲマス
うんとこ寒いですがみなさんお元気かしら

昨年の3月17日、祖母が天に召されました
ので、今年は年賀状を控えさせていただきました
ご連絡の遅れた方々、すみませんでした

とはいえ、94歳の大往生
可愛らしくてみんなに愛されていたおばあちゃん
お料理の手際よさもセンスも抜群だったね
ごめん、おせちは作ったよ
姉がメインで母と私も参加

おばあちゃんも、お空からお箸のばしてくれたかしら

写真でかっ(汗)パソ子が半壊れで、写真の加工ができないの〜
困った……
追記→
 HTMLモードで調整すればよかったと気づきました
久々の更新で取り乱しましたー、失礼












一の重 黒豆 田作り 栗きんとん サーモン奉書巻き 鹿の子卵 
    伊達巻き 湯葉巻き れんこんとごぼうの牛肉巻き
二の重 なます 紅白かまぼこ 昆布巻き
三の重 お煮染め
入りきらなかった分……海老の酒蒸し 数の子 テリーヌ など
手作りに、お歳暮にいただいたものも混ざってますよ〜、さ、偽物はどれだ!?(笑)


母のお煮染め

いくつになっても
馴染んだ母の味
子どものように
むしゃむしゃ食べてしまいます












食いしん坊一家の子どもたち

今年もよろしく
お願いしま〜す













世界の子どもたちのお手伝いのNo3は
「子守り」「水汲み」「食器洗い」なんだって〜
         (小学館『小学一年生 1月号』姪っ子の私物より)
で、さっそくおんぶしてもらう母
子どもたちも案外楽しそうでこれはしめしめ

おんぶ紐は長女の出産祝いにいただいたエルゴのベビーキャリア
3年経った今も大活躍!
肩こらないよ〜、ほんと
最近は「エルゴそっくりさん」が問題になっているみたい
作りが甘いらしい
おんぶの途中に壊れたら……ゾッとします
お値段の甘さの裏に作りの甘さあり
お気をつけ下さいませませ
つれづれ comments(7) -
ひかりのなかで
ついに、ついに、第3子ちゃんが誕生しました。

そして、今日は思いっきりステキなウンチをおトイレでしました(イエ〜イ*)
あ、もちろん第3子がですよ。


と、いうことで、お産から早2ヶ月半。
エコーを裏切るオンナノコちゃんで母は喜び隠しきれず^^

実家の母に来てもらったり、父に自炊してもらったり。
姉にハムスターを預けたり、お友だちに長男の幼稚園やスイミングの送迎をお願いしたり。
ご近所さんに長男長女を預けたり。。。
家長さんが食器を洗ってくれたり、洗濯やお掃除を積極的に参加してくれたり、何より子どもたちとよく遊んでくれたり。


本当にみなさんからの温かい光に包まれて、赤ちゃんもすくすくと成長しています。

このよろこび! 
ハイジのようにお山のてっぺんから大声で伝えたい!

ありがとうございまーす!!!


つれづれ comments(2) -
東京の空
「東京に空がないといふ」

智恵子抄を知ったのは中学生のとき。
その頃から、あぁ、そうなんだと。
東京って淋しいところだなぁと思っていた。





10年ぶりに戻ってきて、一年が経とうとしている。

家長さんは早朝出勤することも少なくない。
そんな中見つけた空。


そら
そら
わたしは あなたが だいすきよ


もうじき くる てんしちゃんのために しばらく お休みします。
ごめんなさい。
いつも ありがとう*
つれづれ comments(10) -
| 1/2 | >>